ココナッツオイルでアトピー対策

ココナッツオイルでガサガサをサラサラに

アトピー対策に使える油として食べてもよし!塗ってもよし!のスグレモノとして挙げられるもののひとつが、ココナッツオイルです。

 

ココナッツオイルを食べるメリット

ではまず、ココナッツオイルを食べることがなぜアトピーにいいのかをご説明しましょう。

 

まず、ココナッツオイルはビタミンEが豊富で抗酸化作用にすぐれているため、
体内の活性酸素抑制に大いに役立ってくれます。

 

そしてココナッツオイルにはさらに、
母乳にも含まれている成分である「ラウリン酸」というものが豊富に含まれています。

 

このラウリン酸は、免疫力を高めるのに有効な成分なので、
免疫力の低下・乱れが気になるアトピー体質の改善にも適していると言えるのです。

 

あと、ココナッツオイルには整腸効果もあるため、腸内環境を整えるのにも役立ちます。

 

腸は免疫の7割を作る重要器官ですから、
この環境を整えるという効果も、アトピー改善につながると考えられるわけです。

 

食事で摂るココナッツオイルの適量は、おおむね、大さじ2杯程度。
これでも便通が良くならないな〜、などと思ったら、大さじ4杯くらいまで増やしてもかまいませんよ。

 

ココナッツオイルを塗るメリット

ココナッツオイルは、「アトピー肌に塗る」というのもおすすめです。

 

ココナッツオイルを塗るメリットは、ビタミンEによる抗酸化作用が得られて、
肌を活性酸素から守れるということ。

 

そしてそれ以上に刺激性がほとんどなく、しっとり感がずば抜けているという点が見逃せません。

 

ココナッツオイルの保湿力はワセリンを超えると言われるほど。
しかもしっとり肌が落ち着くのに嫌なべたつきはあまり残らない、という状態になるんです。

 

「肌の乾燥がひどくてかゆみが強く、どうしてもかきむしってしまいやすい」などという悩みを抱えている人は、ココナッツオイルを使えば乾燥とかゆみの両方が軽減される可能性がありますので、特におすすめですよ。

 

「ココナッツ独特の香りは、人によって好き嫌いが分かれる」という欠点がありますが、
香りさえ問題なければ、使ってみる価値のあるオイルです。

 

おすすめ:ハンズオーガニックエクストラココナッツオイル

page top