アトピー対策に乳酸菌

乳酸菌とアトピー

アトピー改善のためには、免疫機能の7割を作ると言われる
腸の環境を整えることが不可欠になってきます。

 

腸内環境が整えば自然と免疫機能も整い、
免疫の暴走・誤作動も起こりにくくなるため、アトピー症状の改善効果が期待できます。

 

そして、腸内環境の改善に欠かせないのが、「乳酸菌」です。

 

乳酸菌は善玉菌そのもの!

乳酸菌が腸内環境の改善に欠かせない理由は、
言うまでもなく「乳酸菌は、善玉菌そのものだから」です。

 

食べ物から乳酸菌を補給することで、
腸内が善玉菌優位になるための手助けをする、ということですね。

 

ちなみに、ヨーグルトなどに含まれる動物性乳酸菌は
ほとんどが胃酸で殺されるため、生きた状態で腸に届かない、と言われますよね。

 

いくら乳酸菌が多くても、死んでしまっては無意味なのでしょうか?

 

いえいえ、そんなことはありません。

 

たとえ死んでしまっても、乳酸菌は「死んだ乳酸菌に含まれる物質が、善玉菌の増殖を増やすのに役立つ」という作用を持っているので、無駄にはならないのです。

 

乳酸菌を摂取すれば、生きていようが死んでいようが、何らかの形で役に立つ、というわけですね。

 

ですから、「生きて腸まで届く」ということに、それほどこだわりすぎる必要はありません。

 

植物性乳酸菌も摂ろう!

乳酸菌と言えばヨーグルトの乳酸菌がとても有名ですね。
でも、実は植物性の発酵食品にも、「植物性乳酸菌」というものが含まれています。

 

植物性乳酸菌は、ぬか漬けやキムチ・みそ・納豆などに多く含まれており
「熱にも胃酸にも強く、生きたまま腸に届く可能性が動物性乳酸菌よりはるかに高い」という特徴を持っています。

 

現代日本人の乳酸菌摂取はどうしても動物性主体に片寄りがちですが、
ひと昔前まで、長年和食ばかりを食べ続けてきた日本人の体は
植物性乳酸菌に適した体であり、その効果を生かしやすくなっていると考えられます。

 

ですからできれば1日1回は何らかの植物性乳酸菌食品を食べ、
少しでも動物性とのバランスをとるように心がけましょう。

 

とはいえ、食物からのみの摂取はなかなか難しかったり、
その食品に対するアレルギーがあったりする場合は、サプリメントの利用も視野に入れましょう。

page top