アトピー対策に乳酸菌

アトピーにいい食用油のひとつとしてご紹介したいのが、
アマ科の植物である亜麻仁(アマニ)の種子から取れる油である「アマニ油」です。

アマニ油は、必須脂肪酸オメガ3たっぷり!

アマニ油の最大の特徴は、不足しがちな必須脂肪酸であるオメガ3の1つ
「α-リノレン酸」が非常に豊富に含まれている、ということです。

 

しかも、人間の体はα-リノレン酸さえ摂取することができれば、
同じオメガ3の必須脂肪酸であるDHAやEPAを体内で生成することも可能になるのです。

 

ですから、アマニ油を摂取するだけで
DHAやEPA摂取の効果まで期待できる!というわけなんです。

 

オメガ3は、「食用油の多くに豊富に含まれているオメガ6とのバランスをとることで、アレルギー症状の発生を抑える」という作用にすぐれています。

 

今の日本人は、ほとんどが「オメガ3不足・オメガ6過多ぎみ」になっているので、
アマニ油でそのバランスを調整するというのは、非常にメリットが大きいというわけですね。

 

というわけで、アマニ油は、「アトピーのアレルギー症状が出にくくなる」
という体づくりに適した油と言えますので、超おすすめなのです。

 

毎日、たった小さじ1杯程度のアマニ油摂取で、1日のオメガ3の必要量がまかなえますよ。

 

さて、あまに油の産地についてですが、国産のアマニ油というのはめったになく、
基本的にはアメリカやカナダ・ニュージーランド産となっていることがほとんどです。

 

海外産とはいえ、これらの産地は国際的に見てもかなり安全性が高い国ばかりですので、品質に対して一定の信頼感が持てるという点も、大きなメリットですね。

 

アマニ油利用時の注意点

アマニ油は、アトピーのアレルギー症状予防に役立つ油としておすすめなのは分かっていただけたかと思います。
ではここでこのアマニ油を料理に使う際の注意点を2つ紹介します。

 

まず1つ目は、アマニ油は加熱してはいけない、ということ。

 

アマニ油を加熱すると、毒性を持つ過酸化脂質に変化してしまうリスクがあるので、
加熱調理の油としてアマニ油を使うのは、絶対にNGです。

 

サラダにかける・スムージーに入れるなど、「冷たいままで使う」ということを心がけましょう。

 

また、アマニ油は、「光や酸素に弱い、酸化しやすい油」でもあります。

 

ですから、あまに油の容器は光を通さないものであることが必須条件ですし、
いったん開封したあまに油は、冷蔵庫保存で、かつ2ヵ月程度までで使い切るようにしましょう。

 

おすすめ商品:ニップンのアマニ油

page top